野菜パウダーを活用した豆腐&豆乳で作るレイヤーチーズケーキ

レイヤーチーズケーキ

フランス菓子の教室「Grand Reve Kitchen」さん監修レシピ!

野菜パウダーの良さをいかした映えるカラフルレシピは
どれも作ってアップしたくなるレシピばかりです。

マルベリーパウダー 活用

4層仕立てのレアチーズケーキ。きれいな紫色のレイヤーは、ブルーベリーのような味わいのマルベリーパウダーを使って作りました。こちらのレイヤーチーズケーキは、豆腐と豆乳を使うのでカロリーも控えめ。さらにマルベリーの栄養も摂れるので、優秀スイーツですよ♡

スーパーフードとして注目されているマルベリーは、ポリフェノールを含んでいるので、女性には嬉しいアンチエイジング効果が期待できます。

材 料(直径15センチ×1台)

全粒粉ビスケット 75g
グレープシードオイル 大さじ3
※菜種油でもOK!

A ゼラチン 5g
A 豆乳 40g

クリームチーズ  120g
グラニュー糖 45g

木綿豆腐 100g
B豆乳 20g

ヨーグルト 75g

マルベリーパウダー 15g

作り方

■下準備

  • 底が抜ける型の下にラップを敷く。側面にはクッキングシートを貼る
  • 豆腐はキッチンペーパーに包んで、水切りしておく。

1. 土台のビスケットを砕く

食品用のビニールにビスケットを入れてめん棒などで細かく砕き、油を入れてなじませてから型に敷き込み、冷蔵庫で冷やしておく。

2. ゼラチンをふやかしておく

Aの豆乳にゼラチンを入れ、ふやかしておく。

3. クリームチーズにグラニュー糖を混ぜる

柔らかくしたクリームチーズにグラニュー糖を加え、ホイッパーで混ぜ合わせる。

4. 豆腐と豆乳をミキサーにかける

木綿豆腐にBの豆乳を加え、ミキサーにかけてトロトロにする。

5. クリームチーズと豆乳豆腐、ヨーグルトを混ぜる

③のクリームチーズに豆腐豆乳を少しずつ加えて混ぜ合わせ、ヨーグルトも混ぜる。

6. 溶かしたゼラチンを⑤に加える

②で溶かしたゼラチンを50~60度の湯せんにかけてゆっくりと溶かし、こしながら⑤に加えてしっかりと混ぜる。
ポイント湯せんが高温だと、豆乳が固まってしまうので注意!

7. 4つのボウルに分けて色付け

⑥のクリームチーズを4つのボウルに分けて、それぞれのボウルにマルベリーをふるい入れ、手早く混ぜる。

  • 薄ピンク→100g+マルベリー 小さじ1/2
  • ピンク→100g+マルベリー 小さじ1
  • 紫→100g+マルベリー 小さじ2
  • 濃い紫→75g+マルベリー 残り全部
工程1

8. レイヤー状にチーズクリームを流し入れる

薄い色から順番に、型の真ん中に流し入れて広げる。ヘラで表面を平らにならし、底をトントンとして空気を抜いてから、次のクリームを中央に流し入れる。
ポイントクリームが固くなってきたら湯せんにかけ、ゆっくりと広がる程度の固さにしてから流し入れる。

9. 冷蔵庫で冷やす

ヘラで表面を整え、冷蔵庫で3時間以上冷やして、型から外す。

レイヤーチーズケーキ

※レシピの無断転載・掲載などは固くお断りしております。

使用したマルベリーパウダーは、来年3月に発売予定!!
現在は、クラウドファウンディングにてご注文頂けます。(クラファンご注文の場合も発送は3月以降になります。)

Makuake プロジェクトページは→ こちら