紅芋パウダー 秋のレシピをご紹介!お手軽イモンブラン

紅芋パウダー 簡単レシピ

フランス菓子の教室「Grand Reve Kitchen」さん監修レシピ!

野菜パウダーの良さをいかした映えるカラフルレシピは
どれも作ってアップしたくなるレシピばかりです。

紅芋パウダー おすすめレシピ

市販の「さつまいも甘煮」を使って時短イモンブランを作ってみませんか?

今回ご紹介するお手軽”イモンブラン”は、秋の味覚「さつまいも」を存分に楽しめるデザート。紅芋パウダーや桑の葉パウダーで色付けした赤や緑のカラフルなイモンブランは、クリスマスのデザートにもおすすめです。

簡単なのに味わいは本格派。手作りお菓子を楽しみたい方にはぜひ試してほしい一品です!

材 料(直径5cm×6個分

お好みのクッキー(市販品でもOK!) 直径5cm×6枚

A:生クリーム(8分立て) 60g
A:グラニュー糖 12g

<お芋クリーム>

さつま芋甘煮(お総菜用の冷蔵パウチパック) 140g(1袋)

ラム酒 3g

無塩バター(常温) 40g

◆桑の葉パウダー 小さじ1/2
◆紅芋パウダー 小さじ1 +ポイントレモン汁 5~6滴

生クリーム(6分立て) 30g

(飾り用)メレンゲ菓子/マロングラッセ

作り方

<クッキー生地>

1. 底に敷くクッキー生地を焼く(クッキー生地を作る場合)

底に敷くクッキー生地を厚さ3〜4mmにのばし、直径4.5cmの円状にくり抜いたら 180℃で13~14分焼く。網の上で冷まし、1枚ずつトレイの上に乗せておく。 

2. 生クリームを泡立てる

Aの生クリームとグラニュー糖を入れたボウルの底を氷水につけながら、ハンドミキサーで8分立てに泡立て、丸口金をつけた絞り袋に入れる。

3. 生クリームを絞り冷やしておく

バットの上にラップを敷き、その上に②を直径3.5cm大の円すい状に6個絞り、冷凍庫に入れて1時間以上冷やしておく。

生クリームをラップに絞り冷やす

<お芋のクリーム>

4. 「さつまいも甘煮」を温めてつぶす

さつま芋甘煮の袋を開け、電子レンジ500wで1分間温める。ボウルに移し、冷めないうちにめん棒で皮ごとつぶす。

5. さつまいもにラム酒とバターを加える

つぶしたさつまいもにラム酒を入れてハンドミキサーで混ぜる。粗熱が取れたら常温のバターを加えて更に混ぜる。

芋の甘煮をつぶす

6. お芋のクリームを3つに分け、色付け

⑤を2等分(85gずつ)にし、それぞれに◆の紅芋パウダー・桑の葉パウダーをふるい入れ、ヘラで混ぜ合わせる。

7. 生クリームも加えて絞り袋へ

⑥の2つのボウルに、6分立てに泡立てた生クリームを15gずつ加え、ざっと混ぜ合わせる。発色よく仕上がるよう、冷蔵庫で30分以上休ませてパウダーをなじませてから、モンブラン口金をつけた絞り袋に入れる。

<組み立て>

8. クッキーに生クリームをのせ、芋クリームを絞る

①で準備したクッキートレイに冷凍しておいた③の生クリームを一つずつ乗せ、⑦のクリームを底の方からぐるぐると巻き付けるように絞っていく。(冷蔵庫から出したばかりのクリームは固いので、5分ほど常温に置いてから絞る。)

生クリームを絞る

9. 仕上げ

メレンゲ菓子やピックを飾り付けて完成。

桑の葉パウダー お菓子レシピ

※レシピの無断転載・掲載などは固くお断りしております。

このレシピで使ったパウダーはこちら ↓