ウィークエンド・シークヮーサー

ウィークエンドシークヮーサー

フランス菓子の教室「Grand Reve Kitchen」さん監修レシピ!

野菜パウダーの良さをいかした映えるカラフルレシピは
どれも作ってアップしたくなるレシピばかりです。

ウィークエンドシークワーサー

さっぱりとしたシークヮーサーの風味が夏にぴったりのスウィーツ。
夏の暑い日に食べると爽やかな酸味がお口に広がり
沖縄の夏を感じるレシピです。

材 料

ジェノワーズ生地

  • 卵 1個(50g)
  • グラニュー糖 60g
  • サワークリーム 25g
  • A: 薄力粉 45g
  • A:ベーキングパウダー 1g
  • A:シークワーサーパウダー 3g
  • 無塩バター 20g

グラスアロー

  • 粉砂糖 60g
  • 水 12g
  • シークワーサーパウダー 6g

 (飾り用)オレンジ・ミント 適宜

作り方

下準備

  • 金属製の型を使う場合は、型の内側に薄くバターを塗り、強力粉をふるったら余分な粉を落として、冷蔵庫で冷やしておく。
    ※シリコン型の場合、下準備は不要。
  • Aの粉類を合わせてふるっておく。
  • 湯せん用の湯を準備する。
  • バターを湯せんにかけて溶かし、50℃程に保温しておく。
  • オーブンを180℃に予熱しておく。

ケーキ生地

1. 卵とグラニュー糖を混ぜる

ボウルに卵とグラニュー糖を入れ、ザラザラ感がなくなるまでホイッパーで混ぜる。

2. 卵液を湯煎で人肌に温める

湯せん用の湯(60℃ほど)を準備し、①を湯せんにかけながらハンドミキサーで混ぜていき、卵液が人肌(36℃ほど)まで温まったら湯せんから外す。

3. きめ細かい生地を作る

ハンドミキサー高速で4分→低速に切り替えて2分30秒ほど泡立てる。気泡が細かくツヤツヤときめの細かい生地に仕上げる。

4. 生地にサワークリームを加える

別ボウルにサワークリームを入れ、③の生地をひとすくい加えてゴムベラで混ぜ、③のボウルに戻して軽く混ぜる。

5. 粉糖を加えて混ぜる

Aの粉類を一度に加え、ゴムベラで30回ほど手早く混ぜ合わせる。

6. 溶かしバターを加える

50℃程に温めておいた溶かしバターを全体に回し入れ、ゴムベラで底からすくいあげるように手早く20回ほど混ぜて終了。

7. オーブンで焼き上げる

⑥を型の8分目まで流し入れ、オーブンの天板に乗せたら、台の上に軽く落として粗い気泡を抜く。気泡を抜いたらすぐに余熱したオーブンに入れ、170℃で15分焼く。

仕上げ

8. グラスアローを作る

小ボウルにグラスアローの材料を入れ、ヘラで混ぜ合わせる。

9. グラスアローを生地に塗る

焼きあがった⑧の底を持ち、表面に⑨をたっぷりとつけ、オーブンシートを敷いた天板に乗せる。

10. さらにオーブンで焼く

230℃に余熱したオーブンで1分半~2分焼く。

11. 仕上げ

オーブンから取り出して、粗熱が取れたら飾り用のミントやオレンジを乗せる。

※レシピの無断転載・掲載などは固くお断りしております。

このレシピで使ったパウダー

\ 料理やお菓子作りのプロが考案したパウダーレシピをライン公式アカウントでお届け! /

ライン登録